魂の探求 愛の中で闇を学ぶ

引き寄せの法則の方法論や、成功哲学、スピリチュアル、宇宙の法則などの見えない世界を探求している僕が、みんなと幸せを分かち合うために書いているブログです。仕事は歌手と、ITで小売り業をしている会社経営者です。僕の人生を変えてくれた尊敬している人は、斉藤一人さん、苫米地英人さん、水野敬也さん、なぐらただしさん、さとうみつろうさん、クリスさん、上村浩晶さん

偽善者なんて言葉、こじらせてるだけって僕は思うよ

偽善者、って言葉あるよね。

僕はそんなのものって本当のところないって思うから、
それについて考えたことを話す。

偽善者は意味としては二つあるとのこと。

行為としての偽善は、隠れて悪事を行う為に善行を装う事である。

精神的な偽善は、外面では善い行為に見えても、
それが本心や良心からではない心理状態を指す。

wiki参照

行為と精神の二つね。


行為に関しては、
例えばコンビニで万引きするために、
この人めっちゃいいやつだと店員に思われるために
いつも募金をして、裏でひっそり万引きするみたいな感じかな?

なんかいつもこいつが来ると店の商品減るけど、、、?

こいついっつも募金してる良い人だから万引きは、、、

ありえないよな、、??

みたいな。



なるほどね、まあーこれはあるな、
でも世の中的にこの意味で使うことって
ないよな?

だって、偽善者って言われるより、
この人は犯罪者って言われるでしょ。



でさ、精神的な偽善は、
「外面では善い行為に見えても、
それが本心や良心からではない心理状態」

ってことだけど、善って良いことだけど、
偽物の良いことって何?って話です。

まあ、相手の利益を考えたわけではなく、
自分の利益のみ考えて善を行うと
偽善だって言われてしまうわけだけど、

そんなこと言ったら、世の中のほぼ全て偽善者だよね。

そんな人間できた人いるのかね?

自分にメリットがあるってわかるから、
良いことをするんでしょ。

それはマザーテレサだってそうなんじゃない?

自分の欲を考えずに良い行いをしないと偽善なんて、
良い行いをしたことない人が考えたことなんじゃない?

だって、つらくね??そんな世の中

もっと楽しくいきたいし、
自分に良いこといっぱい起きてってめっちゃ考えるし、
自分自分自分自分サイコ~なわけじゃない?みんな。

じゃないとそれこそ嘘だよね。


つまりさ、僕の結論は

偽善者っていつも善行をしている人の側にいる人が、
その人に対して言う言葉なんだよね。

その人は、善行者を見ることで、
自分が善行をしていないことを卑屈に感じ
自分を慰めるために苦し紛れに放った
トリッキーな自己弁護の言葉。

いまんところの自分の結論。