魂の探求 愛の中で闇を学ぶ

引き寄せの法則の方法論や、成功哲学、スピリチュアル、宇宙の法則などの見えない世界を探求している僕が、みんなと幸せを分かち合うために書いているブログです。仕事は歌手と、ITで小売り業をしている会社経営者です。僕の人生を変えてくれた尊敬している人は、斉藤一人さん、苫米地英人さん、水野敬也さん、なぐらただしさん、さとうみつろうさん、クリスさん、上村浩晶さん

引き寄せの法則を成功させるにはポジとネガを両方受け入れる

引き寄せの法則がなかなか作動しない、
成功しないと悩む人はすごい多い。

かく言う僕もその一人だったわけです。

だけど、今となっては独立を果たして、
自分の望む時間的自由、経済的自由が手に入った。


なんで手に入ったんだろ?って
良く考えてみたわけです。

その時に浮かんだ一つの答えですが、
成功するときのポジティブな面と
ネガティブな面、両方理解していますか?
ということなのです。


時間的自由に関して、ネガティブなんて
見つからないよーって思う人もいらっしゃると思いますが、

僕は1日2、3時間仕事したら、
やることなくなるんです。

自慢ではなくて事実です。

これはこれで好きなことできるし
とても最高な気分の時もあるんです。

しかし、やりたいことが見つからないとき、
暇で死にそうになることがあります。

何やってもなんか違うなー
でも何かやらないとなーなんて、
そわそわしてみたりするのです。


本当は静かにじっとして
今が幸せだなーって感じるだけでいいのですが、
そういった精神を持ち合わせていないときは
何かしなきゃって、ずっと焦っていました。

一人取り残されて
周りだけどんどん進んでいるのではないか?
もっともっと立派にならないといけないんだ!

という孤独感、焦燥感に襲われていた時期があります。


もし、打ち込める趣味が無い人がいたら
冗談ではなくきつい現象です。

人類って実は暇との戦いだったって
本があるくらい、暇は恐ろしいのです。

このご時世、みんな仕事が忙しいので、
暇な人って基本的に一人の時間が多いし、
孤独でもあります。


だけどね、この暇を理解して
さらに受け入れる覚悟ができた先に
初めて時間的自由が訪れるのです。


人によっては時間的自由を欲しいと言っていても、
このネガティブな側面に気づいたとき、
やっぱり今のままで良いって感じる人もいるのです。


イメージとしては、
すごい欲しかったカバン、
買ってみたらやっぱりそんなに欲しくなかった、
ということでしょうか。

実際に身近に感じてみてほしいのです。

あなたが欲しい現実を。


もし有名人になりたいと思っていたら
思いっきり有名人になった時を
想像してみるのです。

渋谷や原宿に行ったとき、
たくさんの人に囲まれて嬉しいって感じるのか、嫌なのか。

コンビニに行くにも
オシャレしなきゃいけない、、それは平気なのか、無理なのか

人それぞれです。


まずはポジティブだけでなく、
ネガティブな側面も考えてみるのです。

そうしてようやく引き寄せが働く準備ができます。

それから、そのネガティブは自分にとって
大したことはないのか、受け入れがたいのか。


これをやるだけで、自分のやりたいことって
見つかってくるものです。


僕はあまりに暇すぎることはつらいけど、
それでもサラリーマン時代のネガティブな側面よりも
今のネガティブが好きです。

もちろんサラリーマン時代のポジティブ側面は、
同期の仲間に恵まれたりと楽しいこともたくさんありましたので、
別に昔にタイムスリップしてもオッケーです。

お金がたくさんなくったって食べ物困らないし、
休みの日は友達と遊べるし
今みたいな従業員を養う必要もないので、
責任もないので気楽なもんです。


要は物事には光と影があり、
自分はどんな光が良く、どんな闇を選択するのか?
ってことでしょうかね♪